お知らせ

トメアスの月 朗読会 

2019/08/08

トメアスの月 朗読会 が8月18日に行われます。

一昨年秋に刊行の津留清美詩集「トメアスの月」は2016年の熊本大地震と半世紀前のブラジル日本人移民の悲惨さを重ね合わせ、祈りと再生をモチーフに書かれた叙事詩です。斃れた人を悲しみ哀れむだけではなく、魂を込めた言葉によってそこから起き上がり、新たに生きるための力を得ようとする詩が多くの共感を得ました。

先の参議院選挙で「生きづらさ」は火急の問題として耳にされ共有されたかと思います。生きづらさの原因である「貧困と格差」はいつの時代も弱い人々を置き去りにしてきました。この生きづらさを他人事にしないためにも、互いを思いやり共感することによってつながり、共生する社会へと踏み出していくために、この詩集がよすがになればと朗読会を企画しました。

詩を書く人、書かないけれども詩を読む人、聴く人、見る人、撮る人、描く人、さまざまな形で参加していただければと思います。予約不要です。

場所・熊本市中央区出水1−7−69 カフェレストランみなみのかぜ 096(366)0211

日時・8月18日(日) 開場14:30 開演15:00   入場料500円(飲物代)

 

お知らせ一覧へもどる

page top