刊行図書

古代憲法 先代旧事本紀大成経伝(二)
古代憲法 先代旧事本紀大成経伝(二) 古代憲法 先代旧事本紀大成経伝(二)

古代憲法 先代旧事本紀大成経伝(二)

安齋 玖仁著

2016年12月07日発売定価1500円+税

十七条の憲法は、実はこんなに長文であった

一に曰く「和を以て貴しと為し」の言葉でよく知られた十七条の憲法には、他に前文、政家憲法、儒士憲法、神職憲法、釈氏憲法、総則とがあり、正式名称を「聖徳五憲法」といい先代旧事本紀大成経第七十巻、憲法本紀として伝わっている。前文の次にある第一 通蒙憲法のみが日本書紀に採られて伝わってきたため、17条×5という内容であることはほとんど知られていない。なぜ十七条なのかは重要である。それについて前文に憲法制定までの経緯として書かれている。前文を踏まえて「和を以て貴しと為す」の意味がより深く伝わる構成となっているため、第一通蒙憲法のみを採った日本書紀からは聖徳太子の憲法意図を汲み取ることは難しいといえる。

 

三宝は仏法僧ではなく、元は神儒仏であったことがわかる

特筆すべきは飛鳥時代の推古天皇の御代には儒教、仏教そして神道それぞれの役割と立ち位置が憲法に明記されている。それによって、平安時代から浸透していった神仏習合の歴史や神社の在り方など現代に伝わる常識が問い直される。あらためて神道とは何か、仏教の変質など、現代における問題への答えが、これらの条文から導きだせるのではないだろうか。タイトルの「古代憲法」は日本書紀の十七条の憲法と区別するために編集部がとった苦肉の策であったが……(あまりよろしくないという声も聞こえる、すみません。編集部)

全国書店にて発売中

全国書店、下記ネット書店にて発売中です。
書店にない場合には注文受付しますのでお問合せください。

※在庫切れと表示されている場合には、弊社へご連絡下さい。即対応します。

Webからのご注文

書籍を当サイトから注文いただけます。
下記のフォームより必要事項をご記入の上、ご注文ください。

書籍のご注文フォームはこちら

書店でのお取り寄せ

ご注文用紙を下記よりダウンロード可能です。
必要事項をご記入の上、お近くの書店にてご注文ください。

書店ご注文用紙をダウンロード(PDF)

page top